おばさんでもできる! 仮想通貨取引所のアカウントの作り方-bitFlyer

仮想通貨の購入方法です。

仮想通貨を買うには、とりあえず、仮想通貨取引所にアカウント作成をします。

私は、facebookのアカウントで、速攻bitFlyerビットフライヤーのアカウントを作成しました。メールでも作成できます。おばさんでも無問題です。ビッフラさん、ありがとう!(^^)!

↑↑ ビットフライヤーのトップページです。

メールアドレスを入れて、アカウント作成をクリックです。

このメールアドレスは、そのままログインIDになります。

キーワードと、ログインパスワードがメールで送られてきます。

キーワードを入力して、アカウント作成をクリック。後は規約にすべてチェックを入れて、「bitFlyerをはじめる」をクリック。

画面の指示に従って、本人確認作業を行う。

私の場合、本人確認のハガキが届くまで、2,3週間かかりました。

ビットフライヤーのFAQで、いろいろ確認できます。

私が、ビットフライヤーで買ったコインは、BTC(ビットコイン)ETH(イーサリアム)MONA(モナ)の3種類を、数千円分ずつ買いました。

仮想通貨は、少額から購入することができるので、私は宝くじを購入する感覚です。ジャンボ宝くじ10枚で3000円。ビットコイン3000円分。って感じです。

ビットフライヤーは、安心して使える国内の取引所です。はじめて仮想通貨を取引する方には、おすすめできます。

bitFlyer 無料アカウントを作成する

 3月8日、金融庁から数か所の仮想通貨取引所に対して、業務改善命令や業務停止命令がでました。コインチェックの事件を発端に、いろいろ規制が厳しくなっていくでしょう。それについては、えっちゃんは賛成。きちんと法を整え、セキュリティをしっかりさせ、顧客保護を万全にし、安心して取引のできる場所になってもらえたらよいですもんね。

ビットコインの取引をするなら、国内最大手の取引所ビットフライヤー↓↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最初にビットフライヤーのアカウントを作りました。次はZaif。 Zaifは本人確認のメールが届くのが一番遅かったのと、最初にみたページが ...
KuCoinは、最初にアカウント作成した海外取引所。実は、最初は世界最大の取引所と言われるBinanceにアカウント登録したかったのだが、当時新規アカ...

追記:

2017年4月1日、改正資金決済法が施行され、仮想通貨は、モノから支払い手段として認められています。モノとして扱われていた時は、売買には消費税がかかりましたが、現在は消費税がかかりません。ただし、投資後の価格上昇による利益は、雑所得として課税対象となります。

記事の内容は、個人的な見解であり、仮想通貨の売買を推奨を行うものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする