KuCoinがヤバイの真相は?‐FUDに気をつけよ

KuCoinの記事をUPしたばかりですが、「KuCoinがヤバイ!」「逃げろ!」「爆発するぞ!」「Goxらしい」的な、検索結果が出るわ出るわ。2017年3月16日前後のものが多い。

コインチェック事件から日も浅く、3月に入ってからもチャートは下降を続け、G20が迫るなどの負の要因が続き、このような「うわさ」は、人の心を大きく不安にさせる。
もとより仮想通貨界自体が、黎明期の不安と期待が渦巻く世界だ。

さて、今回のKuCoinのうわさですが、FUD(Fear, Uncertainty and Doubt、恐怖、不安、疑念)ではないかということを考慮して、静観することにしました。

5ちゃんねる【取引所】KuCoin 板でのやり取りを見ると、人間の心理がよくわかります。
コインチェック事件の時の、えっちゃんの心の動きと同じ(/_;) 実際コインチェックのうわさは現実になってしまいましたが、コインチェックからの公式アナウンスが早かったため、自分的には割と早く落ち着きました。
今回のKuCoinの件は、「配当が止まったまま、公式アナウンスがない」「HPからチームの写真が削除された」「ロードマップが3月までしかない」などが、噂の原因のようです。

この件を現時点(2017年3月21日)で、調べた結果

配当が一時止まっていたのは、システム上の問題だったようで、現在は解決されています。Personal explanation regarding the missing KuCoin Bonus
チームの写真が削除されたのは、サイトの改善と変更を行ったためだそうです。ホワイトペーパーで写真は確認できます。ロードマップの件は不明ですが、今後の更新を待ちます。
さらに、この件を調べている途中、「香港のSFC(香港証券先物委員会)の監視下にある」という内容の情報に出会い、どうも今回のうわさの発信源?らしき場所に行きついた。A Warnning to Kucoin Usersに書かれている内容が、今回のうわさとドンピシャ。さて、貼り付けられているSFCからの文書を読むと、、、英語ですから~、Google翻訳にかけてみると、、、

2018年2月15日のあなたの申し立てフォームには、キャプション付きの問題について言及しています
SFCは、金融市場に悪影響を及ぼす可能性のある行為についての公的報告を公表している。評価の焦点は、主体がSFCが管理する規則と規制を遵守しているかどうかである。SFCは、ライセンシーに対して懲戒処分をしたり、 SFCは損害賠償の命令をしたり、投資家と第三者との間の紛争を仲裁する法的権限を有していません。
私たちが問題を評価するためには、申し立てを詳述し、あなたとキャプション付きエンティティとの間の電子メールの対応などの関連文書を提供することができれば幸いです。2018年3月14日までにあなたの回答を感謝します。
最終的に、お客様の苦情に含まれる個人的な日付の使用に関するポリシー声明をお客様の情報に添付しています。 これは、香港の個人日時(プライバシー)条例の要件です。

要は、この人物がFSCへ送った「KuCoinに対するクレーム」への返信ですね。FSC側は「詳しい状況を2018年3月14日までに返信してください」ということで、KuCoinに対する警告文ではなさそうです。とすると、この人物がどんなクレームをしたのか、FSCへ3月14日までに返信したのか、それについてFSCからの回答を受け取っているのかは、不明です。

今回の教訓は、風説を調べることなく鵜呑みにし、それをSNSで発信してしまう、という軽率なことは控えたいです。事実は後からわかるものですが、風説の内容に誤りがあった場合、それを受けた企業、人物がどれほどの被害を被るかをよく考えなくてはなりません。

どうせなら、良いことをうわさする方が、何倍もましです。

仮想通貨を取引所に預けたままにせず、ハードウェアウォレットやコイン別のソフトウェアウォレット、ネット上のMyEtherWalletなどに保管する。取引所の風評は、コインが取引所に残っていなければ、冷静に対処できるでしょう。えっちゃんも風説に惑わされて心臓がギューッとなって、慌てんぼうに変身しないように気を付けます。

FUDとは何ぞや?

記事の内容は、個人的な見解であり、仮想通貨の売買を推奨を行うものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする