新型コロナ感染症は、「ピンコロ」感染症

「そうなのですよ、コロナはピンコロなのです。

私の周りの高齢者たちは、よく「ピンコロがいいよね」と言います。家族や周りに迷惑をかけずに、元気なままコロっと死ぬのが良いって意味です。寝たきりや、長患いでは申し訳ないとい、長く苦しみたくないなどが理由だと思います。高齢者はそう感じる人が多いのかもしれませんが、まだまだ寿命に届かない人たちが「ピンコロがいい」なんて考えることも無いのはいたって普通でしょう。

ピンピンしていた人が突然亡くなる=ピンコロ

ね、これ新型コロナも同じですね。突然急変して死んでしまう。でも今までのピンコロは、心臓や脳、血管が原因になる突発的な死。予防していたとしても、高齢になるほどリスクが高くなる。

今までのピンコロと新型コロナの最大の違いは

感染させること

コロナは、ピンコロを人に感染させます。今までのピンコロは感染しませんよね。

とはいえ、コロナに感染した人の殆どが、風邪やインフルエンザのような症状程度で治ります。風邪かと思ったら肺炎だったとか、風邪かと思ったらインフルだった、そんなことはざらにあって、それでも大概治っちゃいます。最近は、「風邪かと思ったら、コロナだった」が一つ増えた。ちょっとだけコロナは致死率が高いらしいけど、エボラみたいに感染者の半数近くの人が命を落とすほどの怖さはない。だから逆に紛らわしいくて誤解されやすい。とても厄介なのだと思います。

コロナの致死率はそれほど高くはないけど、最大の問題の一つが「特効薬がない」こと。インフルはタミフルやリレンザがある。風邪は特効薬はないけど、市販の風邪薬で症状を緩和して過ごせば治る。

実際最近までは、インフルも風邪も、こじらせて肺炎になったり、重症化したり、最悪は死に至ることもある。だからコロナも同じじゃないの?って思っていました。

でも、コロナの最大の特徴は「激烈に悪化する」「治療薬がない

だから風邪やインフルとは全く違います。

感染初期の症状からは誰が重症化するかわからない。だから「ロシアンルーレット」なんですよね。

コロナの感染防止策は、インフルや風邪と同じ程度でよいのだと今でも思います。過度のマスクや消毒は必要ないと。大切なことは感染スピードをできるだけ緩くして医療現場をひっ迫させない。それしかないのですよね。。。これって1年前から言っていることと変わりません。

まずはワクチン接種ができるだけ早く進むことを願うのと、激烈な悪化を防ぐ治療方法(薬)が開発されることを願うばかりです。

ちなみに、私は4月にコロナに感染しました( ゚Д゚)

体験談は後日。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする