自分にとってのイケメンの変遷 幼稚園からの5人

不思議だと思いませんか? イケメンでも、自分にとってはちっともイケメンじゃない人もいるわけで。

見た目の好みってのは、いつ頃から自分の中にあるんでしょうか?

えっちゃん、幼稚園だったころ、よく見かけた自転車のお兄ちゃんを、

かっこいいなぁ~って、思ってた。

誰か知らないけど(-_-;)

その後、小学校の頃は、

郷ひろみ西城秀樹、野口五郎

新御三家が全盛期。

顔的には、郷ひろみが気になっていたけど、

たまたま、秀樹のコンサートに行く機会があったんだよね。小5か小6の頃。

ヒ・デ・キ~♪

チケットは2階席。ヒデキ~♪ 豆粒大。

く、くっそぉ~!

小学生だったワタクシ、ステージ端のすぐ下までいって、ず~と砂被り状態で観てた。

白のスーツ姿の秀樹は、マジ足が長くて、フワサラの長髪を振り乱して、とってもワイルド。

小学生のえっちゃんは、く、ぎ、づ、け。

けど、顔は、いまいち好みじゃなかった(゚д゚)!

その後、中学生になったえっちゃんの心を捉えたイケメンは、川崎麻世

3曲目のシングル「暗くなるまで待って」で、えっちゃんイチコロ。

麻世くんも、すっごーく足が長かった、その上、顔も好みだった。

が、すぐ飽きて、

その後は、

ベイシティローラーズ

レスリー・マッコーエン。

レスリーにもすぐ飽きて、次は、

JAPAN

originally transmitted 24.9.81. still a bit fuzzy quality wise but worth a watch, especially for the late great Mick Karn - love the suit, love the moves..

デヴィッド・シルヴィアン

その後は、身近なイケメンへとシフトしていきました(´∀`*)ウフフ

あぁ~、懐かしい。

先日、亡くなった西城秀樹さん。とてもショックでした。

えっちゃん普段、人物は描かないんだけど、描いてみました。

秀樹さん、天国でローラを熱唱してください。ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする