この際だから、ちょっとだけ、死刑について考えてみたい その1

考えてみよう、死刑について

こんな機会でないと、死刑について考えることもないので、

今の考えを、書き留めておきます。
(これを記事を書き始めたのは、オウム真理教事件の死刑執行直後)

まず、

一般的な死刑制度賛成の理由をもとに、考えてみたい。

・極悪人を税金で養うのは無駄(早期執行)

・死刑がなくなると犯罪が増える

・被害者感情、処罰感情を満たす

・人の命を奪った償いは、命でしかできない

この4つから、少しずつ考えてみます。

統計で調べる収容者人数と経費

日本では、昭和30年代をピークに、殺人事件の件数は減り続けているのが現実です。

ことさらに、最近になって極悪犯罪が増えたわけではないのですが、

なんとなく、治安が悪くなった気がするのは、

マスコミ報道の影響もあるのでしょうね。

もう一つ、

受刑者1人にかかる経費の額。

刑務所の維持、運営にかかる費用を、

受刑者の人数で割ると、年間約300万円くらい(゚д゚)!

この辺りが、ネットでよく議論されている金額です。

これによると、

①『受刑者処遇読本』p.82に、「平成20年度予算における矯正収容費が536億6585万円で、一人一日平均の収容経費にすると、約1367円」との記述があります。受刑者と未決拘禁者を含む全被収容者の数字とのことです。1367円の内訳も記されています。
(鴨下守孝著 小学館集英社プロダクション 2010年発行)

 ②『刑務所の経済学』p.46に「日本では受刑者一人あたりの収容費用は年間約300万円である」との記述があります。(中島隆信著 PHP研究所 2011年発行)
ここでは算定根拠は書かれていませんが、同著者が「経済学の視点から見た刑事政策」(『犯罪社会学研究』36巻 2011年10月)という雑誌記事の中で述べている部分が参考になるかと思います。雑誌のp.52で、「法務省矯正官署の平成22年度の予算額は2300億円で、矯正施設の収容者は7万5000人である。一人あたりの排除コストは年間300万円という計算になる」と書かれています。
なお、この論文はインターネットで公開されています。

②が、300万円の出処のようです。

予算が2300億円かかるので、受刑者数で割って、一人300万円。

いやぁ、間違ってないけど、受刑者が年収300万円の生活と想像したら、

乱暴すぎますよ~(-_-;)

例えば受刑者の生活費という点で考えると、①の方がそれに近い数字のようです。

①の矯正収容費の内訳として、「被収容者作業報酬金」「被収容者被服費」「被収容者食糧費」などがあげられて、②はこの①を含め、全体の費用です。

受刑者の生活費を、1日1400円としても、1年365日で51万円です。

平成22年度の予算が2300億円のうち、生活費は、

収容者が75000人で、1人1日1400円、1年51万円で、総額382.5億円

囚人の生活にはどれほどの税金が使われていますか?例えば、死刑について「人を殺した人間を税金で生かす価値はない、とっとと死刑にしろ」という意見をたまに目にします。ただ、死刑囚でも普通は刑務所内で労働をすると思います。いくら働いても本人にはお金はほとんど返ってこないでしょうから、その余りで3食やその他生活費は全部まかなえる...

このyahoo知恵袋の回答からも、似たような数字が出てきます。

受刑者数の統計は、法務省のHPで見ることができます。

一番古い資料の受刑者数は、

2007年1月の82000人ほどで、

一番新しいのは、

2018年4月の52000人でした。

http://www.moj.go.jp/content/001215280.pdf

興味深い資料をみつけました!

法務省の矯正業務というものです。

収容者1人にかかるコストの計算をしています。

総費用÷収容者数という計算ですが、

内容を細かく確認できます。

いずれにしても、1人300万円というのは乱暴な計算だ。

受刑者には最低限の生活費がかかるのは当然ですが、

彼らを収容することで生じる諸経費(人件費、施設維持費等)にも、
無駄がないか、気になるところです。

続きます↓

受刑者の生活費を負担するのは、嫌だ! 人が集まれば、多かれ少なかれ、ルールを守れない人が出てきます。 ルールを守れない人がいると、社会が不安定...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする