アニメの実写版で、いつも思うこと。-銀河鉄道999の記事をみて。

アニメの実写版の話題が出ると、思うこと。

キャラクターのビジュアル。

「銀河鉄道999」

 松本零士さんの人気SFマンガ「銀河鉄道999」が、スカパー!で実写ドラマ化され、メーテルを栗山千明さん、星野鉄郎をお笑いコンビ「まえだまえだ」の前田旺志郎さん...

結論から言って、もう絶対、原作には、

かないません!

俳優さんが悪いわけじゃなくて、生身の人間がやっても無理だから。

アニメに近づけようとすればするほど、違和感が大きくなってぇ、

もうガッカリ観が半端なくなる…ってか、悲しい。

ヘアスタイルなんて、ほんと無理。

アニメのヘアスタイルを現実にしたら、変テコの何物でもないですから。

原作者がかっこよく描いた絵だから、かっこいいのだよ。

そこまで言うなら、観なきゃいいじゃんねぇ?

うん、まぁそうなんだけどね(^-^;

えっちゃんは、実写版に反対してるわけじゃない。

原作を見たことない人が、実写版観て、面白~ってことは十分あるわけで。

だったら、いいじゃん…

いや違う! 原作に思い入れがあるからこその親心。

えっちゃんは何がいいたいの?

ゴチャゴチャいろいろ思うところだけど、

もし作るんだったらの、えっちゃんの希望なんだがね、

キャラは、現実的なイメージにする。

ストーリーは、原作の本質に沿う。

だけど、

原作とは別物と、言ってくれ!

これで、少々納得できるかもしれない。

アニメ版>実写版

これほど明らかな結果が分かっているのに、なぜ作る?

原作者はなぜ、作らせるのだ?

多分、儲かるんだろうがねぇ~(゚д゚)!

誰のために、全国放送にのっけて、日本津々浦々まで、同僚の心中を、お知らせしなくてはいけないのだ? 誰の要望? ジャニーズ茶番劇場だ...
倒れている人を、助けようと土俵に駆け上った女性に、土俵から降りろと言う。救命処置後、女性が土俵から降りた後、塩で清めた? 人としてもう最悪ですね...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする