自粛、要請、強制、罰則、晒しの連鎖が気持ち悪い

きっと私が戦時中にタイムスリップしたら、

非国民とののしられ、石を投げられ、投獄されるのがオチです。

納得がいかない自粛、要請の強要に怒りと気持ち悪さを感じる日々。

手洗いや三密を避けること、できる範囲で感染防止に努めている。

日本という国は、みなが協力し合い支え合うことを美徳として持つ珍しい国だと思っています。普段はとても住み心地がいい。

ところが、このコロナ禍で人々の心の中の闇が溢れてきている。パチンコ店が晒されているのを見るにつけ、なんとも言えない気持ちになる。

休業要請は強要ではないです、休まなくても罰則はないです。だからといって大手を振って営業していいってわけではないですよね。感染拡大の危険がある今は。そんなことパチンコ店の人はもちろん、ほとんどの日本人はわかっているはずです。殊更にパチンコ店の人だけが分かっていないとは考えにくいです。多くの人々が精神的な余裕がなくなっている今、普段は理性で無意識に抑えていた感情の抑えが効かなくなっている。ギスギスしている。そしてパチンコ屋さんだけが、やり玉にあげられている。なぜ?

はっきり言って、平常時であってもパチンコの在り方については問題があると皆が分かっているでしょ。パチンコは遊技じゃなくて賭博だってみんな知ってる。賭博は違法だって知ってる。グレーなまま営業許可を出して、税金を納税させているのは国であって、パチンコ店は法にのっとって営業している。これって「国家が手引きしてグレーなお金を国庫に入れている」わけです。腹黒いですね国は。なのにパチンコ店を叩く。

ところで、休業を要請された行政が運営する賭博場は率先してお休みします。当たり前です、民営との体力の差があり過ぎ。個人が経営するパチンコ店と行政が運営する賭博。その差は火を見るほど明らかだよね。休んだら潰れるかもしれない民間の店舗や会社。中にはあくどい人もいると思うけど、生活が懸かっている人も大勢いるでしょう。

権力を使って抑え込もうとしている姿勢に、初めは怒りを感じていたけど最近は恐怖も加わってきたし、気持ち悪い。

お国のために財産を捨てるのって当たり前なの?

下々のモノは、この非常事態なんだから我慢して当たり前?

そうだ、みんなで我慢しよう! 指示に従わないヤツらは「非国民」だ???

気持ち悪い

「島君!島君は出社しているかね?」 「はい課長、お呼びでしょうか」 「島君!君、昨日は一体どうしたというんだ!私が会議に出ておる間に、定時で退社したそうじゃないか!」 「ええ、昨日は別れた妻と暮らしている娘の誕生日でしたし、二番目のセフレとの約束もあったもので、バースデーファックをキメながら娘への電話を」 「バ...
吉野家等のファストフードチェーンがコロナ特措法の自粛破りをしていますが、なぜ問題視されないのでしょうか?食べる時にマスクを外し、パチ屋より感染リスクが高いのは見え見えなのに。経営者の実名公開でしょ。
この質問への秀逸な回答からの抜粋です。

「島君!島君は出社しているかね?」

「はい課長、お呼びでしょうか」

「島君!君、昨日は一体どうしたというんだ!私が会議に出ておる間に、定時で退社したそうじゃないか!」

「ええ、昨日は別れた妻と暮らしている娘の誕生日でしたし、二番目のセフレとの約束もあったもので、バースデーファックをキメながら娘への電話を」

「バカモン!君はどうして毎度毎度そうやって私事を優先するのだ!仕事は公なのだぞ!私を役して公に殉う(したがう)者を大人と為し、公を役して私に殉う者を小人と為す、社長の故郷の英雄でもある吉田松陰先生の言葉は我が社の社訓にもあるだろう!」

「いや松陰のいう公は当初は藩で、のち国ですよね。現代でいうならば全世界の公理に殉ずる思想というべきであって」

「屁理屈を言うな!いいか、問題になっているのは、君が定時退社したことなんだ!二週間前から、全社員に対して社長が自主残業を要請されたことは君だって知っているだろう!」

「は、もちろん存じております。しかし課長、自主の要請ですから、強制ではないと私は認識しておりまして」

「だから君はバカだというんだ!社長が頭を下げておられるんだぞ!下々の者がそれを無視するというのか!

「は、それでは可能な限り自主で強制的に残業をするよう努めますが、残業代の方は」

「何を言っている!君は今、我が社が創業以来の危機にあるということが解っていないのかね?この危機を全社員一丸となって切り抜けなければならぬ、その時にだね、社に恩返しをすることすら拒み、まして金をせびろうというのか?君には愛社精神というものがないのかね!

「いえ、愛社精神はありますが、しかし私には前妻に慰謝料と養育費を支払う義務があるほか、三人のセフレを養わなくてはなりませんし、そもそも労働基準法でもサービス残業は厳しい取り締まりの対象となっているはずで」

「いいか、君がそうやって社から金をせびろうとしている間にも、我が社は傾いてゆくのだぞ!もし我が社が倒産したらどうする?」

「転職します」

「バ、バカモン!君のようなダメサラリーマンに転職先があるか!ただでさえ君はあまりにも空気が読めず、自分の仕事しかしないということで社員たちから白い目で見られているのだぞ!去年の忘年会に二次会があったことを知らないのは君だけだぞ!」

【問1】サラリーマン島氏には、サービス残業する義務はあるでしょうか。

【問2】吉野家には、営業自粛する義務はあるでしょうか。

【問3】サラリーマン島氏の会社が、自主的な協力の外形をとって実質的に残業を強制している理由を考えなさい。

【問4】行政が、自主的な協力の外形をとって実質的に営業停止を強制している理由を考えなさい。

よく、考えて答えましょう!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする