美しいと感じる黄金比の秘密-マジきれいなのであ~る!

黄金比は、都市伝説なのか?

突然、頭の中に「黄金比」が浮かんできたから、黄金比について書いてみま~す(^^)/

えっちゃんは、美しいものが大好きです。美しいものをみると、なんとも言い難い癒しを感じる。すごく心地がいい。

美しいものには、比率があって、それが黄金比だ。

黄金比(おうごんひ、英語: golden ratio)は、

{\displaystyle 1:{\frac {1+{\sqrt {5}}}{2}}}

の比である。近似値は1:1.618、約5:8。

線分を ab の長さで 2 つに分割するときに、a : b = b : (a + b) が成り立つように分割したときの比 a : b のことであり、最も美しい比とされる。貴金属比の1つ(第1貴金属比)。

”黄金比” ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典
最終更新 2018年3月26日 (月) 13:12 URL: http://ja.wikipedia.org

なんのこっちゃ?(゚д゚)?

とりあえず、1:1.618だけ知ってればよい。

黄金比でつくられていて、完成度が高く、美しいと言われる、appleのロゴがある。

えっちゃん、マネして描いてみたよ、、ちょっとごまかしてるんだがね。

円についてる数字は、フィボナッチの数列。1,2,3,5,8,13…..自然界の黄金比。

ちなみにappleロゴをデザインしたロブ・ジャノフは、「彼が、なぜ、かじったリンゴのデザインにしたかについての本を読んでいて、実際の理由よりその本の説明の方が面白い」なんて、とっても寛大なお言葉を述べております(゚д゚)!

ここで読めます。

To make it look more like an apple and not some other round fruit, I did what one does with an apple, I took a bite out of it.

ロブ・ジャノフは、黄金比を意図的に使ったのかは、わかりません。

黄金比でできてると言われるものに、パルテノン宮殿、ミロのビーナスがあるんだが、そんな大昔に、黄金比を使っていた人は、マジ凄いなって、最初は思った。

だけど、疑い深いえっちゃんは、美しいものに魅了された誰かさんが、偶然、黄金比を見つけて、すっげー!ってなっただけじゃないのか?

黄金比、まだまだ世の中にたくさんあるのではないか。そこで、あらゆるものから黄金比を見出せるツールを開発した。 (爲房新太朗)

黄金比の面白い記事を見つけたんで、よかったらどうぞ。

えっちゃんは、腹抱えて大笑いだった(* ´艸`)

でも、スカイツリーは、間違いなく黄金比使ってるよね。

自然界の黄金比は、美しすぎる

自然界の黄金比には、圧倒的な神秘を感じる。

えっちゃんの好きな、多肉植物は、かわいさと美しさの調和が素晴しい。

野菜では、ロマネスコをはじめて見た時、その美しさに釘付けよ、えっちゃん(゚д゚)!

画像:旬の食材百科

なんて美しいんでしょう。えっちゃんは昔から、ぐるぐる渦巻き、螺旋が大好きだった。ボタニカルタングルでも、渦巻大活躍。

コピー用紙にサインペンで描いた。公式パターンをいくつか練習した後に、思いつくまま描いた。ペンの種類は、0.3mmと0.1mmの2種類。...

自然界にあるものは、無意識でも、日々目に入ってくる。自然の中で生活してきた人間が、見慣れてたものを、美しいと感じる。作り手のいない、自然の美しい法則に、知らず知らずに馴染んできた。(作り手がいるとなれば、神さまね)

ぐるぐる好きになったのは、当然の成り行きだったのかもしれない(゚д゚)!

植物が、フィボナッチの数列どおり育っていくのは、枝葉が重なることなく、広がって、可能な限り太陽の光を浴びるための、植物の知恵。

フィボナッチの数列

数学は論理的かつ機能的そして・・・スゴいのです。数学マジシャンのアーサー・ベンジャミンが探るのは、不思議で奇妙な数の集合「フィボナッチ数列」の隠れた性質です。(それに数学は想像力を刺激することだってできるのです!)

美しい、神秘の世界・:*:・(*´▽`*)ウットリ・:*:・

1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, 1597,

2584, 4181, 6765, 10946…… 電卓を用意しま~す。右の数字を左横の数字で割ると、

数字が大きくなればなるほど、黄金比の1.618に、近づいていく(゚д゚)!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする