この石けん以外は使えない!98%脂肪酸ナトリウム

ちょっとカッコ悪いけど、石けん一つ

突然ですが、えっちゃんは、顔も体も、石けん一つで洗います。

温泉に行くときも、石けん一つ。

なぜ、石けんかと言うと、20代のころ、ある本を読んだことがきっかけ。

残念ながら、その本の名前はすっかり忘れてしまったけど、内容を簡単に言えば、

「化粧品はお肌に良くないよ」というものだった。

まあ、その本を妄信して化粧をやめたとかは、ないですけどね。

ただ、洗顔については、考えさせられた。

肌をきれいにしたい一心で、合成界面活性剤入りの洗顔料で洗い過ぎ、

洗顔後は、肌がつっぱるから、スキンケア商品を使う。

それが、本来、肌が持っている保湿能力を、衰えさせる原因になる、という。

なるほど、

目からウロコが、ポロポロリ。

えっちゃんその時、まだピッチピチの20代。なのに洗顔後は、肌が突っ張る、突っ張る。

特に冬は、ひどかった( ノД`)シクシク… で、スキンケア商品をあれこれ塗りたくる。

この繰り返しで、えっちゃんのお肌は、20代の若さで、機能低下していたのだよ。

ちょっと考えたら、

お風呂に入っても、水分が皮膚から体の中に入ることは、ないのにねぇ~。

皮膚に、いろいろ塗りたくっても…

そこで、この本を信じて、肌の機能を復活させるべく、

洗顔料を、

純石けん

に変えた。

本当の石けんとは?

最近では、無添加、オーガニック、天然素材、、などなど、いろんなものが、自然派ブーム。でも、えっちゃんの20代のころは、聞いたことなかったなぁ…。

ともかく、純石けんを手に入れるため、近所のお店を何軒か回ったよ。

当時は、アマゾンや楽天どころか、ネット自体が無かったしぃ~(‘A`)

えっちゃんの、お目当ての石けんは、

脂肪酸ナトリウム98%以上の純石けん

やっとの思いで、近所のホームセンターにて、

「白いふきん洗い」成分98%脂肪酸ナトリウム。

と、運命の出会を果たした。

だけど、台所用、しかも、ふきん洗い…

これで、顔を洗う?

ちょっとだけ、怯んだけど( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

台所用石けんで、洗顔をする

この石けんを、1個90円で買ってから、30年ほど。

今でも、「白いふきん洗い」を、愛用している。

白いふきん洗い135Gがキッチンクリーナー剤ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

おかげで、洗顔後のスキンケアは、ほぼしていない。

顔からつま先まで、この石けん一つで洗ってる。シャンプーだけ別。

でも、いざとなれば、髪の毛も洗っちゃうよ(゚д゚)!

もう一つ、女子だけに、こっそりお話しする。

この石けんは、

デリケートゾーンにも、刺激が少なくてよろしいです(〃▽〃)

えっちゃんが愛用する、白いふきん洗いは、ドラッグストアーやホームセンターの

台所用洗剤のコーナーで手に入ります。

ふきん洗いに、抵抗があるなら、

化粧石けんシャボン玉浴用 6P 100Gが固形せっけんストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

これは、成分が「せっけん素地」です。

石けん素地と脂肪酸ナトリウムの違いは判りませんが、多分、同じ物だと思う。

シャボン玉せっけんは、体を洗う石けんとして、売られているので、ふきん洗いより抵抗なく使えます。

30年間、純石けんを愛用してきた、えっちゃんの実体験でした。

目が重いのは、治らないと、あきらめかけていた ↑この記事の続きになります。1ヵ月3キロの冷凍ブルーベリーを食べていたお話。 ブルーベリ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする