報道番組は信用いたしません

コロナ禍が始まって以来、毎日報道される死亡者数

ずっと思ってるんだけど、

知ってどうするんだ?

日本では1年間に135万人程度がお亡くなりになっています。

病気が死因で亡くなる方が65%

あと、事故や老衰などなどです。

日常生活で毎日何人死んだのか知る意味がどこにあるのだろうか。

知りたい?

1日約3,500人の方がお亡くなりになります

死んだ人の数が知りたければ自分で調べたらいい。

1年間でコロナで亡くなった方が7000人います。

1年間で亡くなった方々のうち0.5%です。少ない? 多い?

私の推測

国=少ない。この程度で抑えているなら成功!少々の犠牲は致し方なし

まぁ、口が裂けても言えませんがね。

国民=多い。早くワクチン、薬を!経済苦、政府の政策は後手!

メディアは国民の不安を煽るような報道ばかりしていて何の意味があるの?専門家でも何でもない人たちが、にわか知識でワクチンについて議論することに何か意味があるのかね?くだらない井戸端会議を全国放送で垂れ流して、国民に何か利益はあるのかね?

ちょっと機会があって報道に携わっている人たちとお話をしました。

報道する側にも政府や強者への

忖度、忖度、忖度…

びっくりしたよ、もぉ~。日本の報道はもっと自由なものだと思っていた。

報道されることよりも、報道されないことがたくさんあることを

いつも心に留めておくよ、私は。

こんな日本に誰がした。はい、私です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする