食べ物の食べ方 箸、フォーク、ナイフ、スプーン、それとも 手?

食事をするとき、たいていで事足りますよね。

日本や中国のように、箸で食事をするのは、

箸食と言います。

欧米は、ナイフ・フォーク食です。

そして、食具を使わずに、

手で食事をする、

手食があります。

なんとなく、手づかみで食べることは、

フケツ、ヤバン、オクレてる、、、みたいなイメージを持ちますが、

しかし、ちょっと考えてみてください。

私たち日本人も、意識せずに、

手食しますよね?

直ぐ思い浮かべるのは、

寿司

寿司を手づかみで食べていても、

キタナい、ヤバんなんて、思わないでしょ?

そうだとしても、食事の前に、手洗いはしましょうね(゚д゚)!

さらに、寿司よりもっと身近な食べ物で、

手食をしているものがありますよね!

わかります?

おにぎり、サンドイッチ、パン類など、

コンビニの定番です。

ミカンやバナナ、イチゴも手食します。

ポテチやせんべいも手で食べますよね。

改めて考えてみると、かなり手食しているんですよ。

当たり前ですが、食具には、優劣はありません。

人類初期は、みんな手食だった。

その後、それぞれの地域の食材や調理法、宗教、習慣などに合わせた、

食具ができただけ。

現在の世界でみると、

手食が4割、箸食が3割、ナイフ・フォーク食が3割

なんだか、高級ぽっくて、かっこいい、ナイフ・フォークは、

歴史が一番浅い、食事方法です。

ちなみに、箸は、

中国、うん千年の歴史からみても紀元前からあるようで、

日本には、古事記の3世紀か、聖徳太子の7世紀ころには使われてます。

ということは、フォークや箸が使われる以前は、

み~んな、手づかみで食べてたってことです(゚д゚)!

もともと、テーブルクロスも、

手食して汚れた手を、フキフキするものだったし…∑( ̄□ ̄;)ナント!!

パンは、テーブルクロスの上に、じか置きだったり… ノ(´д`*)

いいのいいの、ところ変われば、なんじゃらホイホイ。

郷に入れば、郷に従えですわ。

Spectacular Recipes & Memorable Food Experiences

突然、思い出したので、書き留めておくよ。 家の 玄関で靴を脱ぐこと 日本では当たり前だけど、外国の人は、驚くことだと思われて...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする